水素水と活性酸素

活性酸素ってなに?

 

 

老化の原因になる「活性酸素」という言葉をよく耳にすると思いますが、どのようなものなのかを把握している方は少ないのではないでしょうか?

 

活性酸素とはわかりやすく言うと「活性化した強力な酸素」です。

 

人は生命維持に必要なエネルギーを得るため、細胞内のミトコンドリアで絶えず酸素を消費しています。呼吸によって摂取した酸素を代謝する過程で活性酸素が発生します。摂取した酸素の2%位が活性酸素になるといわれています。

 

 

活性酸素の役割

 

活性酸素には身体に侵入してきた細菌を殺菌してくれるという良い面もあります。

 

だた活性酸素が増えすぎると人を構成している根本の細胞を損傷させてしまうので、さまざまな害が発生します。

 

もともと人に身体には活性酸素と戦う抗酸化酵素が備わっています。この抗酸化酵素が余分な活性酸素を無毒化してくれるのですが、抗酸化酵素は年齢とともに減っていきます。
40代では20代の半分以下になってしまうので、40代位から急激に老化がすすむのはこのせいです。

 

このように活性酸素と抗酸化酵素のバランスが崩れると老化の原因になったりガンなどの病気にもなりやすくなります。

 

 

活性酸素の害

 

活性酸素は強力な酸化力で細胞を酸化させてしまいます。わかりやすく説明すると釘が錆びたり、りんごの皮をむいて置いておくと茶色くなるのが酸化です。この現象が身体の中でもおきています。

 

さらに活性酸素によって酸化させられ傷つけられた細胞は周りの細胞もどんどん巻き込んで酸化させていきます。

 

活性酸素は外から侵入してきた細菌などは退治してくれるのでいいのですが、外敵ばかりではなく攻撃する必要のない細胞も攻撃してしまうので厄介なのです。

 

活性酸素によって細胞やDNAを傷つけられて引き起こされる害や病気はあらゆるものが考えられますが、

 

老化の促進、癌、メタボリック症候群、ストレス性胃潰瘍、高脂血症、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、関節リウマチなどのアレルギー性疾患・免疫疾患、、アルツハイマー病、認知症、痴呆症、肝臓疾患、腸疾患、膵臓疾患、呼吸器疾患、眼疾患、歯周病、白内障

 

などの原因になっていることがわかっています。

 

もっというと活性酸素は直接的もしくは間接的に全疾患の90%以上に関与していると言われています。残る10%の病気はウイルスや細菌などによって引き起こされているものです。

 

 

活性酸素が発生する外的要因

 

■タバコを吸ったとき

 

■体内に病原菌が侵入してきたとき

 

■排気ガスや排煙を吸ったとき

 

■ストレスを感じたとき

 

■激しい運動をして大量に酸素を消費したとき

 

■食品添加物、洗剤、農薬などの化学物質が身体の中に入ってきたとき

 

■紫外線を浴びたとき

 

■放射線を浴びたとき

 

■電磁波を浴びたとき

 

など現代社会では、普通に生活しているだけで大量の活性酸素が発生してしまいます。

 

 

活性酸素と戦う方法は??

 

老化の原因の活性酸素を除去するには、抗酸化物質を摂取すると言う方法が効果的です
アンチエイジング(老化防止)に効果があると言うことでさまざまな抗酸化物質が話題になりましたが

 

「βカロテン」、「ルテイン」、「アスタキサンチン」、「リコピン」、「ポリフェノール」、「ビタミンA」、「ビタミンE」、「ビタミンC」、「CoQ10」、「αリポ酸」などたくさんあります。これらを摂取することによって活性酸素を除去することが出来ます。

 

その中でも水素水(水素)の強力な抗酸化力が注目を集めています

 

水素水は水素の含有量が多い水ですが、その水素水に含まれている水素が活性酸素と反応して無毒の水に変えてくれるのです。しかも必要のない悪玉の活性酸素だけに作用して無毒化します。

 

さらに水素分子はとても小さいので他の抗酸化物質が入っていくことが出来ない細胞内まで入っていって活性酸素を無毒化してくれるので老化防止やさまざまな病気の予防が期待できます。

 

詳しくは水素水の効果って?身体の中から美しくなる3つのポイント!をご覧ください。