水素水の癌に対する効果

水素水で癌が治る!?

 

 

今現在、国民の2人に1人が「がん」にかかり3人に1人が「がん」で死亡しています。医療の進歩で回復する人も増えているようですが、「がん」になってしまう人は年々増えているようです。

 

その死因ナンバーワンの「がん」に水素水(水素)がさまざまな効果があるということで注目されています。

 

 

水素水の「がん」の予防効果!

 

「がん」になってしまう原因は、喫煙、飲酒、ストレス、食生活、放射線、紫外線などいろいろ言われていますが、元をたどれば活性酸素が原因なのではないのかと言われてきています。

 

喫煙をしてもお酒を飲んでもストレスが溜まっても身体の中で大量の活性酸素が発生します。その活性酸素によって細胞が傷つけられて細胞が癌化してしまう可能性があるということです。

 

水素水は強力な抗酸化力で、活性酸素を無毒の水に変えて体外に排出してくれますので、癌の予防効果が期待されています。

 

さらに水素水に含まれている水素は分子が小さいので他の抗酸化物質が入り込めない身体の隅々まで入っていくことが出来ます。
さらに酸化力の強い悪玉の活性酸素のみに反応するという特徴もあります。コレが注目されている理由です。

 

 

「がん」の治療にも効果がある水素水!

 

今現在「がん」の主な治療方法は「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」の3種類で、これを三大療法と呼んでいるようです。

 

 

手術療法に対しての効果

 

「がん」の手術の際に臓器を切ると大量の活性酸素が発生します。その活性酸素が細胞を傷つけ再発の原因になったり免疫力を下げたりして「がん」の治療の効率を低下させてしまいます。

 

そこで水素を摂取するとざまざまな悪影響を与える活性酸素を無毒の水に変化させてくれるので、治療の効果が上がるということで医療の世界でも注目を集めています。

 

 

化学(薬物)療法に対しての効果

 

抗がん剤治療は体内に悪玉の活性酸素が大量に発生してしまいます。このことが原因で他の臓器の細胞の機能を低下させて免疫力や治癒力を低下させる原因になっているようです。

 

水素水に含まれる水素はこの悪活性酸素のみに反応して除去しますので、抗がん剤治療の治癒力の向上が期待できます。実際に抗がん剤の副作用軽減に有効だとゆうことで、水素療法を取り入れているところもあるようです

 

 

放射線療法に対しての効果

 

放射線治療はがん細胞に放射線をあててがん細胞を死滅させる治療方法ですが、抗がん剤治療と同じように放射線を浴びると大量の活性酸素が発生します。

 

放射線治療はがん細胞に放射線を照射するときにどうしても正常な細胞も傷つけてしまうようですが、がん細胞は正常の細胞よりも治癒力が低いので、繰り返し放射線を照射することによって治癒力の高い正常な細胞だけが残ってがん細胞は消滅してしまいます。これが放射線治療が三大療法の一つといわれている理由のようです。

 

ですが放射線照射の際に大量発生する活性酸素が正常な細胞に攻撃を続けてがんの再発や転移原因になったり、免疫力低下の原因になっていると言われています。

 

水素水に含まれている水素は分子がとても小さいので細胞内の活性酸素も無毒化してくれます。

 

 

⇒当サイトおすすめ水素水はこちら