水素水の飲むタイミング

水素水っていつ飲むのが効果的なの?

 

 

いろいろな病気や老化の原因の活性酸素を無毒の水に変化させ排出してくれるということで、注目されている水素水ですが、いつ飲むのが効果的に作用するのか調べてみました。

 

 

水素水を飲むタイミング

 

水素水の効果は、身体にいろいろな悪影響を及ぼす活性酸素を無毒の水に変化させて排出することです。なので活性酸素が発生する前か発生してしまった後に効率よく吸収できる水素量を摂取することが大事です。

 

 

水素の吸収率

 

水素水に含まれている水素は、基本的には摂取した20%位が身体に吸収されると言われていますが、体内の活性酸素の量によって吸収率が変動するので20%以上にも以下にもなります。ですので活性酸素が発生する運動の前後や紫外線を浴びる前後などに水素水を飲むと効率よく水素を吸収出来ます。

 

 

水素水の一日に必要な摂取量

 

水素水(水素)には、サプリメントのような「一日に何g摂取してください」のような指標はないようです。理由は活性酸素の量で水素の吸収する量が変わるからです。あと水素分子はとても小さいので余った水素はすぐに身体から排出されてしまうので、副作用などがないので神経質に摂取量が研究されていないのかもしれません。

 

一般的に推奨されている摂取量は一日に500ml〜1リットルで、毎日ちびちび飲むより一週間で2日間1リットル飲む日を決めて摂取したほうが効果があったという研究結果がありました。一日300mlを7日間飲むよりも、一週間のうち1リットルを2日間飲むほうが効果が出るということです。

 

このことから
一日に1リットルの水素水を何回かに分けて活性酸素が発生する前後に飲むのが効果的と考えられます。
※例 300mlを朝、昼、晩と飲む

 

水素療法を取り入れている病院では一日に1.5リットル〜2リットルが目安になっているようです。

 

 

活性酸素が発生するとき

 

人は呼吸から取り入れた酸素をエネルギーに変えています。このときの活性酸素が代謝の過程で発生します。激しい運動をすると大量の酸素を消費しますので活性酸素も大量に発生します。生きているだけで活性酸素が発生してしまうということです。

 

あと外的な要因は、ストレス、紫外線、タバコ、お酒などたくさんあります。詳しくは活性酸素ってなに?をご覧ください。

 

水素水に含まれている水素は10分位で身体にすばやく吸収されますので、自分の生活習慣に合わせて運動の前後やストレスが溜まったとき溜まりそうな時などに飲むのが効率よく水素を摂取するコツです。

 

 

⇒当サイトおすすめ水素水はこちら