水素水の糖尿病の効果

水素水って糖尿病に効果あるの?

 

 

水素水に含まれている水素がアンチエイジング(老化防止)や美容効果やさまざまな病気の予防、抑制、緩和の効果があるとして多くの研究者や医療機関が注目していますが糖尿病にも効果があることがわかってきています。

 

 

糖尿病って何?

 

糖尿病というのは、すい臓で作られるホルモンのインシュリンの分泌が低下または停止してしまって、血液中ののブドウ糖(グルコース)の濃度(血糖値)が高い状態が続いてしまう病気です。糖尿病が進行するといろいろな合併症がおこる危険性が高くなってしまいます。

 

 

1型糖尿病

 

1型糖尿病は、膵臓にあるランゲルハンス島(膵島)にあるβ細胞は、血糖値を下げることができる唯一のホルモンのインスリンを分泌していますが。何らかの原因でβ細胞が破壊されてしまい、インスリンの分泌が極度に低下するか、ほとんど分泌されなくなって糖尿病を発症します。

 

はっきりとした原因はまだ分かっていないようで、生活習慣などは関係なく自己免疫性疾患やウイルス感染が原因と言われています。

 

1型糖尿病はとても少なく全体の5%以下といわれています。

 

 

2型糖尿病

 

2型糖尿病は肥満や生活習慣などの原因で血糖値を下げるホルモンのインスリンの分泌量が徐々に減っていき糖尿病を発症します。

 

2型糖尿病もはっきりした原因がわかっていないようで、遺伝的に糖尿病になりやすい人が糖尿病になりやすい生活をしていると2型糖尿病になると言われています。

 

糖尿病患者の95%事情が2型糖尿病です。

 

 

糖尿病の合併症

 

糖尿病になり血糖値が高いまま放っておくと合併症を発症します。代表的なものが「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」で3代合併症といわれています。

 

糖尿病網膜症は最悪の場合失明してしまいますし、糖尿病腎症は腎臓で血液中の老廃物を尿として排出できなくなってしまい毒が体中に回ってしまいますので、人工的に血液をろ過する人工透析をしなくてはいけなくなります。糖尿病神経障害は血糖値が高い状態が続くと血管がボロボロになってしまい血液が行き届かなくなってきます。結果、足からしびれてきて感覚が鈍くなってしまい最悪の場合足を切断しなくてはいけなくなってしまいます。

 

その他にも脳梗塞、狭心症・心筋梗塞、動脈硬化、歯周病、認知症などさまざまな合併症を発症します。

 

 

水素水と糖尿病の関係

 

糖尿病と活性酸素は深い関係があることが最近の研究で分かってきています。(活性酸素については活性酸素ってなに?をご覧ください。)

 

2型糖尿病は年齢とともに発症の危険性が高まる病気です。その発症の仕組みに活性酸素が深く関係していることが分かってきています。

 

血糖値を下げるホルモンのインスリンは、膵臓にあるランゲルハンス島(膵島)のβ細胞で作られていますが、このβ細胞は活性酸素にとても弱いのです。活性酸素によってβ細胞が傷つけられるとインスリンの分泌が低下して結果的に血糖値が上がります。

 

さらに活性酸素はブドウ糖をエネルギーに変える細胞内のミトコンドリアも攻撃して機能を低下させますので、ブドウ糖を効率よくエネルギーに変えることが出来なくなってしまうので、血糖値が上がってしまいますし疲れやすくなってしまいます。

 

 

水素水VS糖尿病

 

水素水に含まれている水素には悪玉の活性酸素だけを無毒の水に変えて排出してくれる作用があります。(詳しくは、水素水の効果って?身体の中から美しくなる3つのポイント!をご覧ください。)

 

水素分子はとても小さいので細胞の中にも入っていくことが出来ますので、弱ったβ細胞やミトコンドリアの活性酸素を無毒化して正常な働きに戻して血糖値を下げる効果が期待できます。あと水素が代謝を上げたり血糖値を下げる効果があることは、論文などで発表されています。

 

臨床実験も行われていて、糖尿病予備軍の患者に水素水を飲ませたところ、たったの8週間で血糖が正常値に戻った事例も報告されているようです。最近では、病院やクリニックでも糖尿病の患者に水素水を勧める医師が増えているそうです。

 

 

⇒当サイトおすすめ水素水はこちら