水素水のリウマチの効果

水素水と関節リウマチの関係と効果

 

 

全国に70万人以上いるといわれている関節リウマチですが、水素水との関係性と効果をご紹介します。

 

 

関節リウマチって?

 

関節リウマチは、関節が炎症を起こして、骨や軟骨が破壊されてしまって、放置すると骨が変形してしまう病気です。

 

症状は、関節の腫れと激しい痛みが特徴で、手足の関節に多いようです。他の病気と違い関節を動かさなくても痛みが出たり、左右対称(左の膝に症状が出たら、右の膝にも症状が出る)に痛みや腫れの症状が出るのも関節リウマチの特徴です。

 

 

関節リウマチの原因

 

関節リウマチの原因は免疫機能の異常な働きだといわれています。

 

通常免疫システムは、体内に細菌やウイルスが入ってきたときに攻撃して排除する働きがありますが、その免疫システムが以上を起こして正常な細胞を攻撃して炎症や腫れの症状を起こしてしまうのが関節リウマチです。

 

関節リウマチの人の関節には、免疫機能に関係する白血球の一種の好中球が多くみられます。この好中球は、ウイルスや細菌を退治する際に活性酸素を発生させますので、この好中球が発生させる活性酸素が、関節リウマチの原因ではないかと考えられています。

 

関節には、関節をスムーズに動かすための滑液という潤滑剤があるのですが、この滑液には、活性酸素を除去するための酵素や抗酸化物質がほとんどありませんので、活性酸素が発生してしまうと除去できません。ですので関節リウマチの人の関節には、過酸化脂質が増えてしまっているようです。

 

 

 

水素水VS関節リウマチ

 

水素水に含まれている水素は、活性酸素と反応して無毒の水に変えて排出してくれるので、関節リウマチの原因の一つといわれている活性酸素を除去して、症状を軽減する効果が期待できます。

 

水素分子は他の抗酸化物質と比べてかなり小さいので、身体の隅々までいきわたることが出来ますし、悪玉活性酸素のみに反応しますので他の抗酸化物質よりも高い効果が期待できます。