水素水の歯周病の効果

水素水と歯周病

 

 

日本人が歯を失う原因ナンバーワンの歯周病。30歳以上の80%以上がかかっていると言われています。

 

そんな恐ろしい歯周病に、効果があることが分かってきた水素水と歯周病の関係と効果をご紹介します。

 

 

歯周病ってなに?

 

歯は、「歯ぐき(歯肉)」や歯茎の中にある骨の「歯槽骨」や「歯根膜」によって支えられていますが、歯周病はこれらの組織が細菌によって壊されていく病気です。

 

虫歯は歯そのものが破壊されていきますが、歯周病は歯を支えている周りの組織が破壊されていく病気です。

 

歯茎に赤みや腫れ、出血の症状が出ますが、症状が軽く気付きにくいため最終的には歯槽骨(歯を支えている骨)が溶けて歯茎が下がり、歯が抜け落ちてしまいます。

 

 

歯周病の原因は?

 

成人の口の中には300種類〜700種類の細菌が生息しているといわれています。個人差はありますが、1000億〜1兆個の細菌が住み着いています。

 

それらの細菌が、歯の磨き残しなどを餌にしてネバネバした物体を作ります。細菌達にとってそのネバネバした物体は、とても居心地がいいのでどんどん細菌が集まってきます。その細菌が集まって出来たネバネバしたものを「プラーク」といいます。または「バイオフィルム」とも言われています。

 

このさまざまな細菌の集合体のプラークが出す毒素をによって、炎症を起こしたり、血や膿が出たり、最終的には歯を支えている骨を溶かして、歯が抜け落ちてしまいます。

 

このプラークは、やがて歯石に変化して細菌たちの住処を頑丈にします。こうなるとブラッシングでは取り除くことが出来ませんので、対処をしないと歯周病がどんどん悪化していきます。

 

 

歯周病と水素水の関係

 

岡山大学は2011年9月に世界で初めて、水素水が歯周病予防に効果があることを動物実験で証明したことを発表しました。ヨーロッパの歯周病専門雑誌Journal of Clinical Periodontologyに掲載されているようです。

 

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科予防歯科学分野の森田学教授のグループは、歯周病のラットに蒸留水を与えるほうと、水素水を与えるほうの2つのグループに分けました。

 

その結果、蒸留水を与えたラットは、血中の活性酸素が時間の経過とともに増加していったの対して、水素水を与えていたラットは、血中の活性酸素の増加が抑えられていたという結果が出ました。

 

さらに、両方のラットの歯茎の組織を観察したところ、蒸留水を与えたラットと比べて、水素水を与えたラットのグループは歯周病の進行が抑制されていることが確認されました。

 

多くの研究結果から、歯周病のに活性酸素が深く関わっていることが分かってきていますが、岡山大学の研究の結果は、「水素水の摂取による活性酸素の減少が、結果として歯周病の進行を予防した可能性」と「水素水を摂取することで全身の抗酸化力を高めることもまた歯周病の予防に効果的であることを示唆している」としています。