「水素水7.0ppm」体験レビュー・口コミ

「水素水7.0ppm」って実際どうなの?実体験の口コミ&評価!

 

プロ使用の高濃度水素水ということで、話題になっている

 

aquela(アキュエラ)の「水素水7.0ppm」

 

実際の効果はどうなんだろう?ということでスターターセットを購入して検証してみることにしました。

 

作り方、実際の水素濃度、健康美容効果などを検証していこうと思います。

 

 

 

 

こんな感じで届きます。

 

 

このようなオシャレな箱に入って届きます。姉が「荷物だよー」と持ってきてくれたのですが、はじめは何だ?こんなオシャレな感じのもの買ったっけ?と一瞬思いました。

 

 

 

中身はこんな感じです。

 

@溶在水素濃度判定試薬×1個
A水素発生カプセルセット(バルブ、キャップ×2 スポイト×2 水素発生剤収納外筒×2)
Bアルミピロー入り水素発生剤×30包
Cペットボトルキャップ×2個
D耐圧式ペットボトル(蓋付き)×2本

 

 

 

あとは、取扱説明書やaquelaのコンセプトブック、水素情報ニュースという水素に関しての情報が新聞のようにまとめられているもの、作り方がわかりやすくまとめられた説明書、納品書兼領収書、水素水7.0ppmを飲んでいる人の口コミなどが書かれている書類、商品の広告が入っています。

 

 

高濃度水素水を実際に作ってみました。

 

まずは、スターターセットに入っている耐圧式のペットボトルに「水素水7.0ppmの作り方」に書いてある通り、飲み口から3.5p下までミネラルウォータを入れました。(3.5pのところに油性ペンで印をつけました。)

 

水素発生用カプセルを入れるとちょうど満水になるようです。
あと水だけではなく自分の好きな飲み物で水素入り飲料を作ることが出来るようですが、私はミネラルウォーターで作ってみました。

 

 

次に水素発生在を袋から出します。

 

はさみで切ると、中に入っている水素発生在も一緒に切ってしまうかもしれないので、手で千切って開けます。

 

 

 

 

開けると、小さい袋が出てきます。

 

これが水素発生剤で水と反応して水素を発生させるようです。

 

 

 

 

 

次に水素発生剤を付属の中筒に入れます。

 

本当は、中身の水素発生剤を片側に寄せて折り曲げると、説明書に書いてあるのですが

 

私は、よく読まずに水素発生剤を均等にして折り曲げました・・・笑

 

 

 

次に水素発生剤を奥まで押し込んで、専用のスポイトで水素発生剤が入っている中筒に水を入れます。

 

スポイトの半分より少し多いくらいの量が適量らしいのですが、こんなに少しで大丈夫なのか?と思いましたが、実際にスポイトで中筒に水を入れてみたら、説明書通り適量でした。笑

 

 

試験管のような外筒に水素発生剤が入っている中筒を入れて、しっかり蓋をします。

 

はじめは、水素発生剤って安全なのかな?と少し心配でしたが、水素発生剤と実際に飲む飲料の部分が、完全に別なので安心しました。

 

 

 

 

後は、水素発生カプセルセットを、あらかじめ水を入れておいたペットボトルに入れてしっかり蓋をしたら待つだけです。

 

飲み口から3.5cmのところに油性ペンで印をつけたのですが、印のところまで水を入れて、水素発生カプセルを入れると調度満タンになります。(この画像だと光の加減なのか満タンに見えませんが、満タン入ってます・・・)

 

 

 

 

 

 

1分くらいでポコポコいいだして、水素が発生しているのが目に見えてわかります。

 

時間が経つにつれて水位が下がってきて、ペットボトルがパンパンになってきます。通常の圧力だと1.6ppmの水素量が限界のようですが、このaquela「水素水7.0ppm」はペットボトルに通常異常の圧力がかかるので、5.0ppm〜7.0ppmの水素水を作ることが出来るようです。

 

ペットボトルは水素が抜けやすいので、水素水の容器には向かないというのが定説ですが、aquela「水素水7.0ppm」は抜ける量より発生量のほうが多いので、10分で5.0ppm、24時間で7.0ppmの水素水を作ることが出来ます。このことからも分かるように、減るどころか時間の経過とともに水素量が増えていきます。(最大7.0ppm)

 

 

本当は24時間待って7.0ppmの水素水を作りたかったのですが、待ちきれなくて10分で出来る5.0ppmの水素水を飲んでみることにしました。

 

30秒間ペットボトルをすばやく振ると、発生した水素が水に溶ける?とのことでしたので、力強く振りました。

 

思いっきり振ったほうが、水素と水が混ざるような気がして本気で振ったら結構疲れました。コツをつかめば、楽だと思います(笑)

 

(思いっきり振りすぎて、画像は残像しか見えなくてすみません・・・)

 

 

振った後にグラスに注いでみたら普通の水素水とは明らかに違って、気泡がすごかったです。

 

実際に飲んでみると、炭酸とまでは行きませんが、若干ピリピリするというか何というか、水素がすごく入っているような感じがしました。説明書によると、この気泡はすべて水素のようです。

 

 

作ってみた感想は、とても簡単で慣れれば1分〜2分くらいで出来ると思います。

 

あと水素が発生してポコポコいいだすのが楽しいです。

 

 

aquela「水素水7.0ppm」を実際に飲んでみた感想・効果・口コミ

 

水素水のことをいろいろ調べてきて思ったことは、水素水に含まれている水素は悪玉の活性酸素のみに反応することと、過剰摂取による副作用がまったくないということを踏まえると、水素水に求められる要素は「水素の含有量」と「商品の安全性」だと思います。
※水素水の詳しい効果については水素水の詳しい効果内容をご覧ください。

 

他にも値段や味、サービスの内容などもありますが、やっぱり一番大事なのはしっかりと効果の出るくらいの水素量が入っていて、安心して飲み続けられることだと思います。

 

個人的な意見ですが、aquela(アキュエラ)「水素水7.0」ppmは、水素含有量も安全面もどちらもクリアしている水素水だと思いました。さらに価格も安くて、サービスもしっかりしていて、味もすきな飲み物で作ることが出来ますので、理想的な水素水と言えるかもしれません。(ただ自分で作らなければいけないので、めんどくさがりの人には向かないかもしれません。)

 

 

アキュエラ「水素水7.0ppm」のメリット&デメリット口コミ

 

「水素水7.0ppm」のメリット

 

圧倒的な水素含有量

 

水素濃度が高いといわれている水素水でも、平均1ppm〜1.2ppm位の商品が多い中、アキュエラ「水素水7.0ppm」は10分で5.0ppm、24時間で7.0ppmの超高濃度の水素水が作れるので、高い効果が期待できます。

 

私はよくお酒を飲むのですが、最近は飲んだ次の日は起きたときに若干お酒が残ってて、だるいし頭が働かないし、長時間眠れないしと最悪な状況なのですが、aquela(アキュエラ)「水素水7.0」ppmを飲んだ次の日は起きた時の爽快感が全然違いました。

 

まったくお酒が残ってなかったですし、頭もスッキリしていましたし、睡眠時間は長くは眠れませんでしたが、長時間寝たようなスッキリ感がありました。

 

以前飲んでいた、1.0ppm位の濃度の水素水の時は体調がいいのかな?と半信半疑でしたが、「水素水7.0」ppmを飲んでみて水素水の効果を確信しました。ちなみに届いた日に、すぐに2本の水素水を作って、昼1本と寝る前に1本、計1リットル飲みました。

 

安心安全

 

最近はいろいろな食品の問題がありますので、衛生面も気になりますし、水素水が話題になったせいで水素がまったく入っていない商品なども出回っているようです。

 

その点aquela「水素水7.0ppm」は、自分の好きな飲み物で作ることが出来ますので安心ですし、私もはじめ水素発生剤って大丈夫?と思っていたのですが、水素発生剤と実際に口に入れる飲料の部分は、別々に分かれている構造なので、安心できました。

 

あとは水素の濃度を測定することが出来る「溶剤水素濃度判定試薬」というものがスターターセットには付いてきますので、商品に自信がある証拠だと思います。

 

 

この薬を水素水に入れると青→透明になります。一滴で0.1ppmの水素水を透明にします。

 

この画像の一番左の画像から一番右の画像への変化の時間は1秒くらいです。水素量が多いんだろうなとなんとなく分かります。

 

私は、10分で5.0ppmの水素水を作ったので、この薬を50滴入れないと水素含有量が5.0ppmか試せないので、信用して10滴くらいで止めました。(10滴の時点では一瞬で透明になりました。)この時点で水素含有量が多いといわれている水素水の1.0ppm以上は水素が入っているということになります。

 

 

「水素水7.0ppm」のデメリット

 

作るのが面倒

 

aquela(アキュエラ)「水素水7.0ppm」は、自分で作らなければいけないのと、5.0ppmの水素水を作るには10分、7.0ppmの水素水を作るには24時間待たなければいけないところがデメリットですね。

 

自分の好きな飲料で水素水を作れるので安心ですし、確実に高濃度の水素水を作ることができますので、メリットとデメリットが表裏一体です。

 

一日に大量に飲む人で、好きなときに好きなだけ飲みたい人には向かないかもしれませんが、飲む時間と量を決めて飲む人には、デメリットよりもメリットのほうが圧倒的に多いと思います。

 

 

aquela「水素水7.0ppm」実体験レビュー・口コミまとめ

 

水素水が話題になり、多くの水素水が発売されていますが、水素(H2)が抜けてしまっている商品などが売られている中「水素水7.0ppm」は、確実に7.0ppmの超高濃度の水素水を好きな飲み物で作って飲むことが出来るので、今までの水素水の集大成のように感じました。

 

作るのもとても簡単で、1分もあれば作ることが出来ますので、初めて水素水を試そうとしている方はもちろん、水素水を飲んでいるけど効果を感じられない方にも一度試してみることをおすすめします。