水素水って詐欺なの?

なぜ水素水が詐欺といわれるのか?

 

 

日本医科大学の太田成男教授らが、2007年に水素の効果についての論文を発表して以来話題になり、さまざまなメーカーから水素水などの水素関連商品が発売されていますが、それらの商品がまったく効果のない詐欺商品という噂が流れています。

 

なぜこのような噂が流れるのか検証してみました。

 

 

話題に便乗して、インチキ商品を販売している!

 

水素水に含まれている水素の学術論文が、2016年3月現在で400報、臨床試験の論文が20報も発表されています。はじめの論文が発表されてから9年でこれだけ速いスピードで研究が進むのは珍しい事のようです。

 

異例のスピードで水素の研究がすすむのは、「水素の効果・効能」が研究者にっとって科学的根拠に基づいて魅力的だからだと思いますし、人を対象とする臨床実験は、お金と労力が莫大に必要だと思いますので、水素の効果・効能に対して確信がないと臨床実験をはじめることはないと思います。

 

このように科学的に効果・効能が証明されてきている水素水ですが、「肝心の水素が入っていない商品」や「活性水素水」などの効果のある水素分子と関係ない商品が世の中に出回っているために、水素水は効果がないという噂が立ってしまっています。あと水素は目に見えませんし、味も臭いもありませんので、ちゃんと入っているのか確かめることが出来ないので、余計に不安になってしまいます。(水素濃度を測定する薬品は売っています。)

 

最近では水素水に関する情報が豊富なので、そういった商品は減ってきているとは思いますが、例えばペットボトル入りの水素水には水素は入っていません。水素分子はとても小さいのでペットボトルからどんどん抜けてしまいます。

 

 

水素が医薬品として認可されていない

 

水素は、まだ医薬品として認可されていない状態ですし、水素水など食品としても、特定保健用食品や機能性表示食品には指定されていない状態です。

 

上記でもご説明しましたが、水素は目に見えませんし無味無臭なので、水素水を飲んでいても、しっかり水素が入っているのかも不安ですし、水素を確認できない不安から、科学的に効果・効能が明らかになっていても効果を疑ってしまいます。

 

今後、医薬品として認可されたり、特定保健用食品や機能性表示食品に指定されれば、「水素水なんて詐欺だよ」という噂は大幅に減ると思いますが、現段階では、科学的に効果・効能が証明されているが公的機関にはまだ認められていないというのが現状です。

 

 

水素の効果がすごすぎて詐欺っぽい!

 

水素水・水素の効果・効能はさまざまな病気の原因と言われている活性酸素を無毒の水に変化させ排出することです。

 

しかも身体に必要ない悪玉の活性酸素のみに反応します。水素分子はとても小さいので身体の隅々まで行き渡ることができますし、副作用なども一切ありません(厚生労働省で認められています。)

 

研究者も疑うほどの効果があるようなので、このような水素の効果・効能を普通に発表しても誇大に言っているように聞こえてしまい、詐欺っぽく聞こえてしまうようです。
※詳しい水素水の効果・効能が気になる方は水素水の詳しい効果一覧をご覧ください。

 

 

なぜ水素水が詐欺と言われるのか?まとめ

 

ものすごいスピードで研究が進み、いろいろな効果・効能が化学的に証明されてきている水素水・水素ですが、まだ研究の途中段階というのが現状のようです。

 

水素水自体は詐欺ではありませんが、話題に便乗して詐欺まがいの水素が入っていない商品を販売しているメーカーがあるのは現実です。

 

水素関連商品を試してみてもなく、上辺の情報で水素水は詐欺だといっている人は論外として、水素の効果に興味を持って、実際に試したけど効果が感じられなかった人やこれから試してみたい人は、科学的に効果・効能が証明されている「水素分子」がしっかりと入っている商品を試すことをおすすめします。

 

 

⇒おすすめの水素水はコレ!|厳選水素水の決定版