水素水の老化防止効果

水素水のアンチエイジング効果!

 

老化の原因は身体が活性酸素によって酸化していくことによって引き起こされるといわれています。

 

その活性酸素と反応して無毒の水に変化させて排出してくれるのが水素水(水素)なのです。

 

活性酸素は過酸化水素、スーパーオキシド、一重項酸素、ヒドロキシラジカルの4つの種類がありますが、すべての活性酸素が悪者というわけではなく悪玉もあれば善玉もあります。

 

たとえば過酸化水素は体内に侵入してきた細菌を退治してくれます。

 

ですが、ヒドロキシラジカルの酸化力は、活性酸素の中でも強力で身体の組織を強力に酸化(りんごの皮をむいて置いておくと茶色くなるのが酸化です。たとえば活性酸素のなかにりんごを入れると一瞬にして茶色くなります。)させて老化の促進はもちろん癌やさまざまな病気の原因を作り出してしまいます。

 

水素水はその活性酸素の悪玉活性酸素のみを無毒化して水にて排出してくれます。

 

いろいろな抗酸化作用のある物質がありますが、悪玉の活性酸素のみに作用するのは水素水(水素)の特徴といえると思います。

 

茶色くなったりんごや黒くなったバナナを水素につけると元に戻るほどの強力な抗酸化力がありますし、水素はとても小さいので身体の隅々までいきわたることが出来ます。

 

ほとんどの抗酸化物質が入り込めない脳細胞にも入っていくことが出来ます。なので脳の活性酸素を無毒化して脳の老化防止、認知症予防も期待できます。

 

 

水素水の効果まとめ!老化防止3つのポイント!

 

水素は、身体を酸化させる老化の原因の活性酸素と結びついて無毒の水にしてくれる。

 

水素は、とても小さい物質なので他の抗酸化作用のある物質が入り込めないところまで入って行って、活性酸素を無毒化してくれる。

 

水素は、身体に必要な善玉の活性酸素は残して悪玉の活性酸素だけを無毒化してくれる。

 

 

若いうちは活性酸素と戦う酵素がありますが40代くらいからこの酵素が急激に減ってくるので40代位から急激に老けてくるのはこのためです。

 

水素を身体にとりれることで減っていく酵素に変わって活性酸素と戦ってくれるのでいつまでも若々しく美しくいることが期待できます。

 

 

⇒当サイトおすすめ水素水はこちら